Overview 事業の概要

日本の造血幹細胞を中心とする基礎研究と、白血病・造血器疾患の臨床研究を再び強くつなぎ合わせて、
本研究課題である「ストレスと老化・がん化」を中心に、国際的に中核的な役割を持つ、基礎・臨床一体型の「ストレス造血・白血病の病態研究拠点」を確立する。併せて、日本の近年の課題を克服するためにも、確立した本交流拠点の研究推進システムを通して、世界と肩を並べる若手研究者を育成し、彼らが独創的な研究に着手し、卓越した成果を効果的にあげることを目標とする。

  • ウェブサイトを公開いたしました
  • IRCMS
  • 日本学術振興会